お問い合わせ・ご予約
0120-36-7149(対応時間:8:30~17:30)
24時間WEB予約WEB予約の説明
MENU

疾患名から調べる|浦和の内視鏡・消化器内科 - 浦和消化器内視鏡クリニック

大腸ポリープ(colonic polyp)

Search

大腸ポリープ(colonic polyp)

大腸ポリープとは:

大腸ポリープとは、大腸の粘膜がキノコのように盛り上がってできた腫瘍性の隆起で、一般的に私たちが大腸ポリープと呼んでいるものは大腸腺腫と言われているものです。

大腸腺腫は大腸癌の前癌病変と言われており、放置しているとadenoma-carcinoma sequence(アデノーマ・カルチノーマ シークエンス)という発生経路をへて癌化するといわれています。腺腫には、約10%ほど癌が合併することが報告されています。

大腸ポリープには、ほとんど症状がでることがありません。ある程度の大きさとなると消化管の蠕動(ぜんどう)や便と擦れるということによってポリープから出血し、便潜血検査として陽性となることで発見されることがあります。しかし、小さなポリープでは、全てが便潜血・陽性となることがありません。そのため大腸内視鏡検査で直接大腸内を見る必要があります。もちろん便潜血・陽性となった場合にも大腸内視鏡検査が必要となります。

大腸ポリープは、内視鏡での切除が可能なご病気です。大腸ポリープを内視鏡的に切除することで大腸癌の罹患率(りかんりつ)を70~90%低下させ予防することが可能であると報告されています。大腸ポリープの切除は大腸癌の予防になるということもあり、ある一定の年齢になったら検査を受けていただくことが推奨されます。当クリニックでは、40歳、50歳という節目節目の年齢で受けていただくことを推奨しています。

日本では、大腸ポリープ・大腸癌の若年化も見られています。検査は以前と比べ格段と楽に受けることができるようになっていますので、若い方でも気軽に受けていただけるものと思われます。一度外来やお電話で検査についてご相談ください。


  大腸腺腫・通常観察   大腸腺腫・NBI観察