お問い合わせ・ご予約
0120-36-7149(対応時間:8:30~17:30)
24時間WEB予約WEB予約の説明
MENU

疾患名から調べる|浦和の内視鏡・消化器内科 - 浦和消化器内視鏡クリニック

胃潰瘍(gastric ulcer)

Search

胃潰瘍(gastric ulcer)

胃潰瘍とは:

胃潰瘍は、何らかの理由で胃の粘膜が傷つき粘膜が掘れていくご病気です。主に胃液に含まれている胃酸による攻撃が起こることで潰瘍は大きくなっていきます。悪化していくと胃に穿孔といって穴が開くこともあります。

胃潰瘍の主な原因としては、ピロリ菌感染・鎮痛剤の使用・抗血小板薬の使用・喫煙・飲酒などがあります。ヘリコバクター・ピロリ菌は、胃に感染しアンモニアや毒素を作り出します。このアンモニアや毒素が直接胃粘膜を損傷することで潰瘍が作られます。整形外科などで処方される非ステロイド系の鎮痛剤であるNSAIDs(ロキソニンなど)は、胃潰瘍の原因となります。胃潰瘍と診断された方は、NSAIDsの代わりにカロナールやセレコックスなどの鎮痛剤に変更する必要があります。また、アスピリンなどの抗血小板薬が胃潰瘍の原因となることがあるため、その予防や治療のためプロトンポンプ阻害薬(PPI)を内服することがあります。喫煙・飲酒も胃潰瘍のリスクとなると報告されています。

胃潰瘍の症状は、みぞおちの痛みや不快感・悪心・嘔吐・げっぷ・背中の痛み・食欲不振などです。潰瘍部に血管が飛び出ることもあります。血管から出血する場合には、消化管出血の原因となり吐血や黒色便がみられることがあります。

胃潰瘍の診断は、直接胃カメラで胃の中を見て潰瘍を発見します。胃潰瘍は、胃がんとの区別が困難なこともあるため、胃カメラ検査時に組織を採取してがんとの区別をする必要もあります。また、一度良性と診断された場合でも、必ずしも100%がんの可能性がなくなるわけではないため慎重な経過観察が必要となります。

治療には、胃薬であるプロトンポンプ阻害薬(PPI)やカリウムイオン競合型アシッドブロッカー(P-CAB)の内服が必要です。ピロリ菌感染がある方は、ピロリ菌除菌療法が必要となります。

以前胃潰瘍といわれた方やピロリ菌がいるといわれた方は、内視鏡検査の必要があるため専門外来にてご相談ください。

・Amano Y, et al. Interobserver variation in the endoscopic diagnosis of gastroduodenal ulcer scars: implications for clinical management of NSAIDs users. BMC Res Notes 2011;4:409-6.


胃潰瘍・通常観察     胃潰瘍・近接像     生検検査