お問い合わせ・ご予約
0120-36-7149(対応時間:8:30~17:30)
24時間WEB予約WEB予約の説明
MENU

疾患名から調べる|浦和の内視鏡・消化器内科 - 浦和消化器内視鏡クリニック

バレット食道(Barrett’s esophagus)

Search

バレット食道(Barrett’s esophagus)

バレット食道とは:

バレット食道とは、胃酸や胆汁酸を含む十二指腸液が食道内に逆流することで食道粘膜が傷害され、その過程で発生します。バレット上皮は、食道の粘膜である扁平上皮(へんぺいじょうひ)が胃から連続して円柱上皮(えんちゅうじょうひ)という粘膜に置き換わる状態となります。

現在日本においては、食生活の欧米化・肥満の増加・ピロリ菌感染率の低下などにより胃食道逆流症が増加しており、その結果としてバレット食道が増加してくると予想されています。バレット食道は、女性よりも男性に多い疾患です。女性は、女性ホルモンであるエストロゲンが予防的に働くのではないかと言われています。

胃食道逆流症にてバレット食道ができるためバレット食道の症状は、胃食道逆流症状を伴うことがほとんどです。中には、胃食道逆流症状がほとんどなくバレット食道が見られる方もいます。

バレット食道の治療は、基本的には胃食道逆流症の治療となり生活習慣の改善と薬物療法となります。生活習慣の改善としては、禁煙・禁酒・ダイエットが中心となります。薬物療法は、胃酸を抑えるプロトンポンプ阻害薬(PPI)の内服を行います。

バレット食道で問題となるのは、バレット食道から”がん”が発生するということです。バレット食道は、胃酸・胆汁酸の食道への逆流による食道の慢性炎症が原因で、このバレット食道を背景としてバレット食道がんとなります。バレット食道を有する場合、通常と比べて30~125倍食道がんのリスクが高くなると言われています。またバレット食道は大腸腫瘍などを含めた大腸疾患とも強い関連性があるのではないかとも言われています。

一度バレット食道と診断された方は定期的な内視鏡検査が推奨されます。検査に関しては担当医にご相談ください。


      バレット食道・通常観察           早期バレット腺がん           早期バレット腺がん・NBI観察