お問い合わせ・ご予約
0120-36-7149(対応時間:8:30~17:30)
24時間WEB予約WEB予約の説明
MENU

疾患名から調べる|浦和の内視鏡・消化器内科 - 浦和消化器内視鏡クリニック

早期胃がん(Early gastric cancer)

Search

早期胃がん(Early gastric cancer)

早期胃がんとは:

早期胃がんとは、胃にできる早期の癌のことを言います。早期の胃がんは、症状がほとんどありません。何かのきっかけに内視鏡検査を受けて見つかることがほとんどです。

早期胃がんの正式な定義は、「胃粘膜に発生する上皮性悪性腫瘍のうち,リンパ節転移の有無を問わず,腫瘍の浸潤が粘膜内または粘膜下層までに留まるものである」です。

上皮性悪性腫瘍とは、通常我々が呼んでいる「がん」のことです。消化管においては、「がん」は通常胃の壁の内側である粘膜にできます。胃の壁は、内側から順に「粘膜」「粘膜筋板」「粘膜下層」「筋層」「漿膜」と別れています。内側にできた「がん」は進行していくと浸潤(しんじゅん)といって粘膜から壁の外側(筋層や漿膜)に進んでいきます。早期胃癌の段階では、粘膜や粘膜下層に留まっている状態です。

リンパ節転移は、進行していくと起こります。がんが粘膜や粘膜下層の浅い部分にとどまっている状態ではリンパ節転移の確率は低いと言われています。がんがさらに粘膜下層の深いところや筋層などに浸潤していくとリンパ節転移の率が高くなっていきます。

早期の胃がんは、リンパ節などへの転移のリスクが低いと考えられているため外科手術ではなく、より低侵襲である内視鏡での治療が可能です。一方、リンパ節転移が疑われる状態のがんは、外科的に切除をして一緒にリンパ節を取り除く必要があります。早期で胃がんを発見することでより低侵襲である内視鏡での治療ができますので、適切な時期に内視鏡検査をして早期発見をしてもらうことが良いと考えられています。

内視鏡治療は、以下のような治療法があります

・EMR(内視鏡的粘膜切除術)

・ESD(内視鏡的粘膜下層剝離術)

EMRは、局注針を用いて粘膜下層に局注剤(生理食塩水もしくはヒアルロン酸)を注入し、病変(早期がん)を膨隆させてスネアという金属製の輪で高周波を流しながら焼き切ります。EMRは2cm程度の病変であれば切除できましたが、それ以上の大きさの病変の場合には分割切除といって病変を一度に一気に取り除くことができませんでした。分割切除の場合には、がんの再発の率が高くなると報告されていました。

そこで開発されたのがESD法です。ESDでは病変を一括で、一気に病変を取り除くことができるため再発の率が低いと報告されています。現在では、ほとんどの早期胃がんがこのESD法で切除されています。当クリニックの医師が所属している病院でもESD法で早期胃がんの治療をしていますので、治療については専門外来でご相談してください。

 

日本ではピロリ菌感染による胃がんが大半を占めると言われています。ピロリ菌が陽性と言われた方は、1年に1回程度の胃カメラをお勧めします。また、ピロリ菌を除菌された方でも胃がんができることが報告されています。2~3年おきに検査をされることをお勧めします。検査については担当医にご相談ください。


   早期胃がん・通常観察     早期胃がん・インジゴカルミン散布像     生検検査


   早期胃がん・通常観察     早期胃がん・インジゴカルミン散布像    早期胃がん・NBI観察

 

・Shibagaki K, Amano Y, et al. Magnification endoscopy with acetic acid enhancement and narrow-band imaging for the diagnostic accuracy of gastric mucosal neoplasms. Endoscopy 2016;48:16-25.