浦和の内視鏡・消化器内科|浦和消化器内視鏡クリニック

診療時間
9:00~12:00
14:00~17:30
  • 休診日:祝日(土曜日・日曜日も検査が可能です)
  • …検査のみ

浦和の内視鏡・消化器内科|浦和消化器内視鏡クリニック

MENU

目指すのは痛みの少ない楽な
内視鏡検査

  • 内視鏡専門医複数人体制での安心の医療
  • 土曜日および日曜日の診察・内視鏡検査を実施
  • オリンパス社の最新の内視鏡設備を導入
  • 浦和駅より
    徒歩1分

  • 内視鏡検査
    腹部エコー
    専門クリニック

  • 内視鏡専門医による
    静脈麻酔を使用した
    楽な内視鏡検査

WEB予約

症状がある方は胃癌大腸癌かもしれません

内視鏡による精密検査を受けましょう

胃カメラ検査 (胃内視鏡検査)

胃カメラ検査(胃内視鏡検査)

ピロリ菌陽性と言われた方は
胃カメラを受けましょう!

  • 胸やけや胃酸が上がってくる感じがある
  • 吐き気やお腹の痛みがある
  • 空腹時にみぞおちに痛みがある
  • 食事をとるとお腹が張る
  • 黒い便が出た
  • 胃透視検査で精密検査が必要と言われた
  • 食べものが飲み込みにくい
  • 食事が美味しくない
大腸カメラ検査 (大腸内視鏡検査)

大腸カメラ検査(大腸内視鏡検査)

便潜血が1回でも陽性の方は
大腸カメラを受けましょう!

  • 便秘がひどい
  • 便が細くなった
  • 下痢をすることがよくある
  • 便に血が混じる
  • 便潜血の検査が陽性だった
  • お腹が張る
  • ガスがたまってお腹が張る
  • 以前に大腸ポリープが見つかったことがある

上記の症状が一つでも当てはまった方は当院での内視鏡検査をお勧めします。

内視鏡検査とは?

WHAT IS ENDOSCOPY

  • 胃カメラとは

    [ 胃内視鏡検査 ]

    胃や食道・十二指腸の粘膜を直接観察して食道・胃・十二指腸の病気や癌を発見するための検査です。
    胃癌の原因となるピロリ菌の感染があるかを調べることもできます。
    癌になる前の病変(前癌病変)を見つけたり早期癌を見つけて治療することが出来るため、癌にならないための予防ができます。

  • 大腸カメラとは

    [ 大腸内視鏡検査]

    大腸の粘膜を直接観察するための検査です。
    放っておくと癌になる可能性のある大腸ポリープは検査の際にその場で切除することが可能です。
    ポリープを切除することが癌の予防になります。

なぜ内視鏡検査を受けたほうがいいのか?

2020年 がんの患者数

男性

  1. 1前立腺がん
  2. 2胃がん
  3. 3大腸がん
  4. 4肺がん

女性

  1. 1乳がん
  2. 2大腸がん
  3. 3肺がん
  4. 4胃がん
男性に多いがん患者数
男性
女性に多いがん患者数
女性

生涯で男性の2人に1人、女性の3人に1人
がんを発症する可能性があると言われる時代...

男性、女性ともに

胃がん大腸がんは上位を占めています!

しかし

胃がんも大腸がんも早期に発見すれば内視鏡での治療が可能です。

手術や抗がん剤などで苦しむ必要もなく完治することができます!

でも、胃カメラ、大腸カメラには抵抗がある…

胃カメラ

  • 口からカメラを入れるのが怖い
  • 以前に辛い思いをした
  • 鼻からカメラを入れたが鼻が痛くて仕方なかった
  • 鎮静剤を使ったがなかなか目が覚めず辛かった

大腸カメラ

  • どんな検査か分からないので怖い
  • おしりからカメラを入れられることに抵抗がある、恥ずかしい
  • お腹が痛くないか心配
  • 以前に痛くて辛い思いをした

当院で内視鏡検査を受けていただくことをお勧めする
8つの特徴

  1. 01

    消化器領域のスペシャリストが
    内視鏡検査・治療を担当

    当院の内視鏡検査・治療は、内視鏡学会専門医ないし消化器病学会専門医が検査・治療を担当しています。全ての医師が内視鏡検査・治療に特化しています。当院では通常のクリニックと異なり複数名で検査・治療を担当しているため、疾患によっては診断や治療に迷う場合に複数の医師達でディスカッションを行い適切な診断・治療を行うことを目指しております。

  2. 02

    静脈麻酔を使用し同日に
    胃カメラ・大腸カメラができます

    1日で胃カメラと大腸カメラを同時に行うことが可能です。大腸ポリープは大腸内視鏡検査と同時に切除が可能です。

    当院の内視鏡検査は楽に検査を受けていただくため基本的に静脈麻酔を使用して内視鏡検査を行っています。全ての内視鏡担当医は、静脈麻酔を使用した検査のトレーニングを十分に受けた医師です。静脈麻酔を希望される患者様は、担当医にご相談ください。胃カメラで静脈麻酔を希望されない患者様には経鼻内視鏡での検査も可能ですが、若干鼻痛が生ずる可能性があります。

  3. 03

    日帰り大腸ポリープ切除に対応

    大腸ポリープは大腸カメラと同時に切除が可能です。大腸カメラ施行時にポリープを発見した場合はその場で切除することが可能です。当日にポリープ切除をご希望される方は担当医ないし看護師にお伝えください。また、持病ないし抗血栓薬(クロピドグレル・ワーファリンなど)を内服されている患者様の場合、お薬の調節が必要となることがあります。当院の医師は抗血栓薬の取り扱いに慣れていますので、ご気軽にご相談ください。
    大きいポリープとなりますと入院での切除が必要となるため、連携病院へご紹介します(治療日程はその場で決めることが可能ですので、ご紹介先での診察が不要です)。

  4. 04

    半個室のリラックスしたスペースで
    大腸の前処置(下剤内服)ができます

    大腸カメラを希望する患者様でクリニック内での大腸前処置(下剤内服)を希望する患者様には個室のスペースをご用意しております。他の人の目を気にせずに下剤内服を自分のペースで飲むことが可能です。
    個室内にはiPadをご用意していますので、雑誌・ドラマ・映画などを下剤を内服しながら楽しむことができます。Wi-Fiも完備していますので、お仕事をしながら下剤の内服ができます。TOTOの最新のトイレを7室用意しておりますので安心して下剤を飲んでいただけます。

  5. 05

    土曜日・日曜日も検査が可能

    日々忙しい現役世代の方々のために土曜日・日曜日も検査を受けていただけるようにしました。「忙しい」を理由に検査を受けられない方々を一人でも減らすことができるように当院では土曜日・日曜日の検査を行っております。WEBから24時間検査の予約が可能です。電話でのご予約をご希望の方は、専門ダイヤル0120-36-7149(対応時間:8:30~17:30)をご利用ください。

  6. 06

    超音波検査士が腹部エコーを担当

    当院の腹部エコー検査は、専門の超音波検査士が担当します。超音波を用いて肝臓・胆嚢・胆管・膵臓・腎臓などの腹部臓器を隈なく検査します。検査は15分程度で終わります。超音波はX線を使用しないため放射線被爆の心配は無く痛みを伴うこともありません。腹部臓器に異常が認められた場合は、連携病院である共済病院でCT/MRIなどの精査をしていただいております。膵臓・胆道に異常が認められた場合は、連携病院で超音波内視鏡検査が可能です。

  7. 07

    より詳しい検査が必要な場合は
    連携病院でCT/MRI検査が可能

    内視鏡検査や腹部エコー検査で異常や疾患が認められた場合は、その日のうちに連携病院でCT/MRIなどの画像検査を受けていただくことができます(緊急を要さない場合には、15時以降は翌日の対応となりますのでご了承ください)。検査予約は、当院で可能ですので再度の診察などは必要ありません。CT/MRIの検査結果は当院で担当医が説明いたします。病院との密な連携の上シームレスに消化器疾患に対応しております。

  8. 08

    検査は当院で!治療は連携病院で!

    連携病院にて内視鏡検査・特殊内視鏡検査および治療を行っています
    当院は、連携病院の内視鏡センターと連携して診療を進めております。当院では通常の胃カメラ・大腸カメラ・大腸ポリープ切除・腹部エコー検査は行っていますが、大きなポリープ・早期の消化器癌・消化管出血などに関しては対応していないため、連携病院にて検査・治療をご紹介しております。当院の担当医師は連携病院の常勤医師であり内視鏡検査・治療のエキスパートが在籍しております。上記疾患の患者様においては外来にてご相談ください。

ウォーターイクスチェンジ・コロノスコピー(WEC)とは?

大腸癌や大腸ポリープの見落としを無くすためウォーターイクスチェンジ・コロノスコピー(WEC; Water-exchange colonoscopy)という最新の挿入法で行っています。
空気の替わりに水を使用した大腸挿入法である浸水法をより進化させた大腸挿入法です。
WECはスコープを大腸へ挿入する際に、空気の替わりに水を入れながらさらに大腸内に残った便汁のカスなどを洗浄し、同時にスコープで水を吸引しながら大腸内をきれいな状態にして挿入します。
大腸内視鏡検査で一番重要なのは、スコープを抜いてくる際に病変を見落とすことなく観察することです。WECで腸管内をきれいにすることで見落としが少なくなります。
また挿入自体も従来の浸水法であるWICと変わりありませんので、楽に検査を受けることが可能です。

内視鏡の挿入には色々な方法がありそれぞれのメリットデメリットがありますが、患者様の苦痛が特に少ないという点でウォーターイクスチェンジ・コロノスコピーが優れていると考え採用しています。

検査の流れ

  • 胃カメラ

    1. STEP01検査前

      診察もしくは24時間WEBでご予約ください。
      診察の方は、現在の症状やこれまでの病歴などを伺います
      (人間ドックや健診で引っかかった方は、検査結果一式をお持ちください)。
      服用中のお薬を確認いたしますのでお薬手帳をお持ちください。
      WEB予約の方は、検査当日に診察します。
      *当日検査を希望される方は朝ご飯を食べずにお電話ください。

    2. STEP02検査前日

      原則として、前日の食事制限は必要ありませんが、21時までに食事を済ませるようにしてください。お水・お茶などは飲んでも構いません。

      検査前日
    3. STEP03検査当日

      常用している薬は検査予約時の指示通り服用してください。
      お水、お茶は摂取可能です。

      検査当日
      • 01
        受付、問診票記入
      • 02
        問診

        内視鏡検査を行う事前チェックとして問診を行います。

      • 03
        検査

        内視鏡検査を行います(貴金属類は外してください)。
        ストレッチャーに横になり静脈麻酔を使用し眠った状態で検査を行います。
        検査は10分前後で終わります。

      • 04
        検査終了後

        検査終了後はリカバリールームで休憩していただきます。
        静脈麻酔を使用した場合30〜60分程度休んでから帰宅となります。鎮静剤を使った場合、車の運転は出来ません。

      • 05
        検査結果の説明

        画像をご確認いただきながら検査結果の説明を行います。

  • 大腸カメラ

    1. STEP01検査前

      診察もしくは24時間WEBでご予約ください
      (以下の方は、診察での予約が必須です:70歳以上の方、心臓・肺・腎臓などに重い病気を持っている方、バイアスピリンやワーファリンなどの抗血栓薬を内服している方、数日間便が出ない方、重い便秘症状にお悩みの方)。
      診察の方は、現在の症状やこれまでの病歴などを伺います
      (人間ドックや健診で引っかかった方は、検査結果一式をお持ちください)。WEB予約の方は、検査当日に診察します。

    2. STEP02検査前日

      食事は消化の良いものをお召し上がりください。夕食は21時までに済ませてください(繊維の多い野菜・キノコ・海藻類など、油分の多いものはお控えください)。お水、お茶、スポーツドリンクは夜間も摂取可能です。

      検査前日
    3. STEP03検査当日

      当日の朝は食べずに来院をお願いします。水分は、水やスポーツ飲料など、色のついていないものならば問題ありません。

      検査当日
      • 01
        受付、問診票記入
      • 02
        問診

        内視鏡検査を行う事前チェックとして問診を行います。また排便状態の確認を行います。

      • 03
        検査

        内視鏡検査を行います。
        検査着に着替えます(貴金属類は外してください)。
        ストレッチャーに横になり静脈麻酔を使用し眠った状態で検査を行います。
        検査は約10〜20分で終わります。

      • 04
        検査終了後

        検査終了後はリカバリールームで休憩していただきます。
        静脈麻酔を使用した場合30〜60分程度休んでから帰宅となります。鎮静剤を使った検査後の車の運転は出来ません。

      • 05
        検査結果の説明

        画像をご確認いただきながら検査結果の説明を行います。

胃内視鏡(胃カメラ)検査費用

1割負担 2割負担 3割負担
胃内視鏡検査(観察のみ) 1,500 3,000 4,500

大腸内視鏡(大腸カメラ)検査費用

1割負担 2割負担 3割負担
大腸内視鏡検査(観察のみ) 2,500 5,000 7,500
大腸内視鏡+生検+病理組織検査 4,000 8,000 12,000

各種クレジットカードをご利用いただけます。

  • MasterCard
  • VISA
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club
  • DISCOVER

ご挨拶

GREETING

診察から検査・治療そして治療後のフォローまで
一貫してご提供いたします

この度浦和駅東口より徒歩1分という利便性の高い地に内視鏡検査と腹部エコー検査の専門クリニックを開設いたしました。
私はこれまで、新東京病院消化器内科・副部長、うらわ共済病院消化器内科・部長を歴任し多くの患者様を診察し多くの内視鏡検査を行ってきました。
特に炎症性腸疾患(以下IBD)である潰瘍性大腸炎の方の診察を多く担当させていただいておりますが、IBDの方は、腸の炎症のため検査中に痛みを感じやすい傾向があります。内視鏡検査の際は、常に苦痛なく検査を受けていただけるよう様々な工夫をしてきました。
また、胃カメラや大腸カメラの内視鏡より長いスコープを使用する小腸内視鏡検査も多数経験しており、よりスマートな内視鏡挿入法を体得しています。
過去に検査がつらいと感じられた方も、初めて内視鏡の検査を受ける方も、皆さまに不安や苦痛なく検査を受けていただけるよう丁寧な診療を心掛けております。
些細なことでも、お気軽にご相談ください。
皆さまのお力になれれば幸甚です。

院長 勝山 泰志

浦和消化器内視鏡クリニック 院長 勝山 泰志